2013年08月23日

諸橋轍次1883-1982 99歳

「人間臨終図巻(3)」(196)

山田風太郎 1922-2001
fuutaro yamada

2001.05.15 初版(徳間文庫)

<諸橋轍次1883-1982 99歳>
「大漢和辞典13巻」を作った男である。

41歳の時に「「大漢和辞典」の編纂に取り掛かった
が肺炎、肋膜炎、百日咳などで何度も数ヶ月病床に
ついた。

そのため、少し体調が悪いとすぐに寝る習慣がつき、
無理しないことを金科玉条とするようになった。
それが彼の長寿の一因となったにちがいない。

眼は20歳以前から近眼で、それに乱視が加わり、
50歳から白内障にかかり、57歳で失明同様になって
しまった。

62歳(昭和20年)の時、戦災で組版が消失したり、
4人の助手が過労のため、次々にこの世を去った。

77歳でついに「大漢和辞典13巻」を刊行した。

99歳の誕生日を迎えて、「医者は、内蔵はまだ30代
といった。」と豪語したが半年後亡くなった。

panse280
posted at 20:36

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字