2013年08月22日

梅原龍三郎1888-1986 98歳

「人間臨終図巻(3)」(195)

山田風太郎 1922-2001
fuutaro yamada

2001.05.15 初版(徳間文庫)

<梅原龍三郎1888-1986 98歳>
75歳のころ、「もうせいぜい3,4年のいのちだし・・」
といい、翌年には自分の墓をつくった。

梅原健康3箇条--
1 寝酒を少量飲んでなるべく熟睡を計る事。
2 日がながくなれば午睡する事。
3 腹のへるのを待って9(7ではない)分目に食う事。

朝からスコッチ・ウイスキーを飲み、ビフテキと鰻を
好み、恐ろしいヘビースモーカーである美食生活は
晩年まで変わらなかった。

女優高峰秀子は書く、「先生が94歳のときだったろうか、
お宅を訪ねてみると、・・「背中が痛くて、痛くて」と
唸っている。聞けば、画室で裸のモデルと取っ組み合い
をしたせいで、ということで、私はビックリした。
・・「いやいや、喧嘩どころか仲良くしようと思ったんだ。
・・でもさ、努力したけどダメだった」・・」

梅原は92歳ごろ白内障を患い、絵筆を持つことが不可能
になっていた。同時に、肉体的にも精神的にも、いわゆ
る恍惚の世界に入りつつあった。

97歳、風邪で入院して一進一退をくりかえして「軟着陸」
のような大往生をとげた。98歳であった。

遺書には、「葬式無用、弔問供物固辞する事、生者は
死者の為に煩わさるべからず。梅原龍三郎」

panse280
posted at 20:00

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字