2013年08月17日

ファーブル1823-1915 92歳

「人間臨終図巻(3)」(190)

山田風太郎 1922-2001
fuutaro yamada

2001.05.15 初版(徳間文庫)

<ファーブル1823-1915 92歳>
ファーブルは貧しい教師を48才でやめて、田舎
のあばら家にこもった。
小さい時から続けていた昆虫の研究に専心する
ためであった。
56才で「昆虫記」の第1巻が完成した。その後
31年間かけて10巻出されることになる。

ファーブルは77才の時、生活苦のため「科学者
救済協会」に支援をお願いした。

「私は本能の世界に、ほとんど誰も気がつかなかった
ような新しい鉱脈を開きました。・・それなのに、
私は、・・絶望と貧困のうちにのたれ死もしかねない
のです。」

「昆虫記」10巻が完成したのは、87才の時である。
この年「ファーブルを励ます会」が作られた。
ロマン・ロラン、ベルグソン、メーテルリンク等
著名人が「昆虫記」のファンであることを知った
人々は、はじめて彼の偉業を知った。

彼の貧乏が伝えられると、フランスの隅々から
お金が洪水のように彼に殺到した。

無欲なファーブルは、それらを送り返し、差出人が
書いていないものは、貧しい人々に分配した。

その後、、ファーブルは彼の家にのぞきにやって
くる見物人に悩まされながら、尿毒症で92年の生涯
を閉じた。

panse280
posted at 18:56

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字