2013年06月30日

フルシチョフ1894-1971 77歳

「人間臨終図巻(3)」(143)

山田風太郎 1922-2001
fuutaro yamada

2001.05.15 初版(徳間文庫)

<フルシチョフ1894-1971 77歳>
1953年、スターリンの死後、党の第一書記に
なったフルシチョフは非スターリン化を推進した。

彼に不満を持つ中央委員会幹部は、フルシチョフを
解任した。

その後フルシチョフは回想録をアメリカで出版した
が、中央委員会はこれを偽造文書であると声明を出し
、フルシチョフにも同じ声明を出すことを強要したが
ルシチョフはそれを拒否した。

かって彼が昇進させてやったキリレンコはフルシチョフ
を罵った。
「君(キリレンコ)は私の恩給をやめることも出来る。
そうしたら私(フルシチョフ)は乞食になって国中を
まわろうじゃないか。」

フルシチョフが死亡したとき、「プラウダ」は死亡広告
蘭に、「前中央委員会第一書記、個人恩給生活者N・S・
フルシチョフ」と書き、その死を悼む1行のコメントも
つけ加えなかった。

それまでのソ連歴代最高指導者で、存命中に解任された
のは彼だけであり、また死後クレムリン墓地でなく
一般庶民の墓地に入れられたのも彼だけであった。

panse280
posted at 19:57

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字