2013年06月16日

高村光太郎1883-1956 73歳

「人間臨終図巻(3)」(129)

山田風太郎 1922-2001
fuutaro yamada

2001.05.15 初版(徳間文庫)

<高村光太郎1883-1956 73歳>
昭和27年、十和田湖畔の記念碑彫像制作の
ため、8年ぶりに東京に戻った。69歳である。

昭和31年には光太郎の衰弱はいちじるしく
なった。その頃、82歳で死んだ父光雲について、
「父は内的なものを持たない人だった。だから
父は空虚な生き方しか出来なかった」と言った。

光雲の作った二重橋の楠公像は五月人形で、
上野公園の西郷像は置物だと言っていた。

しかし、楠公像と西郷像は民衆の敬愛の眼に
つつまれていまも厳然と立ち、光太郎の精魂こ
めた十和田湖の乙女の像は、不評なのである。

4月2日、季節はずれの雪の降る朝はやく、光太郎
は息を引き取った。

panse280
posted at 19:16

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字