2013年05月28日

コペルニクス1473-1543 70歳

「人間臨終図巻(2)」(111)

山田風太郎 1922-2001
fuutaro yamada

2001.03.15 初版(徳間文庫)

<コペルニクス1473-1543 70歳>
彼はポーランドの一地方国パルミアの司教坐聖堂
参事として事務やポーランド王とドイツ騎士団
との抗争の調停などにあたっていた。

57歳の時に、「天体の回転について」という
論文をかいた。人類最初の地動説である。
その後、13年間、論文の手直しをつづけて、
やっと出版を決意したが、その書「天球回転論」
が完成し、彼のもとに届いたのは、彼の死の
翌日であった。

しかし、彼は、地動説発表と同時に死んだから、
彼個人は迫害の憂き目をみることはなかった。

彼の説を決定づけたガリレオは、コペルニクス後
約1世紀を経ているのに、異端審問所に屈服を
余儀なくされた。


panse280
posted at 20:09

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字