2013年05月21日

岡本綺堂1872-1939 67歳

「人間臨終図巻(2)」(104)

山田風太郎 1922-2001
fuutaro yamada

2001.03.15 初版(徳間文庫)

<岡本綺堂1872-1939 67歳>
身長は167cm,体重は45kgを超えたことがない
ヤセッポチで、一生にわたり、胃腸病、腎臓病、
心臓病、歯痛、頭痛、不眠症になやまされ、

勝負事はせず、スポーツ、映画にも興味なく、
犬猫を飼う趣味もなく、交際、栄達も求めず、
ただ書斎で仕事をするのが何より愉しいという
男である。

ヤセ男は不慮の災害に気をつかった。
バスには乗らなかった。電車と衝突したらバス
が負けるからだ。
エレベーターには乗らなかった。鎖が切れたら
防ぎようがないからだ。
小路を通らなかった。上から瓦が落ちてくる
おそれがあるからだ。

ヤセた男には冬はつらかった。下痢、食欲不振、
不眠症、心臓の衰弱・・・全身の疲労衰弱の果て
必然の死をむかえた。

panse280
posted at 19:52

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字