2013年03月22日

マネ1832-1883 51歳

「人間臨終図巻(機法廖46)

山田風太郎 1922-2001
fuutaro yamada

2001.03.15 初版(徳間文庫)

<マネ1832-1883 51歳>
「印象派の父」と呼ばれたマネは名声と勲章に
あこがれる世俗的な社交家であった。

45歳ごろから足の痛みに悩まされ、運動失調症
になった。1883年、51歳でついに左足が黒ずみ、
ツメまではがれおちる状態になった。エソの診断
を受け、自宅の応接室のテーブルの上で、左足
切断手術をおこなった。

その後も病状は回復せず、断末魔の苦しみが続いた。
最後の2日間喘ぎ、痙攣しつづけ、絶命した。

panse280
posted at 19:36

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字