2013年02月20日

大杉栄1885-1923 38歳

「人間臨終図巻(機法廖16)

山田風太郎 1922-2001
fuutaro yamada

2001.03.15 初版(徳間文庫)

<プーシュキン1799-1837 37歳>
賭博好き、酒好き、女好き、そして反体制精神の
持ち主の彼は、今でも、トルストイを凌ぐロシア
の国民的作家である。

彼は自分の妻ナターリアにちょっかいをだしている
ダンテスをなじったことから、彼から決闘状を受け
取るはめになった。

プーシュキンは決闘には馴れていたが、その日は
敗れた。

奇怪なことに、ダンテスはその後、ナターリアでは
なく、その妹カテリーナと結婚して平凡で単調な
人生を送った。

<大杉栄1885-1923 38歳>
無政府主義者大杉栄は妻伊藤野枝と末妹の子で7歳の
橘宗一とある果物屋で果物を買っているとき、数名の
憲兵に拘引された。

音もなく入ってきた甘粕大尉は、声もかけずにその背
後から大杉ののどに右腕をまわして絞めつけた。
10分ばかり絞めつづけて、こときれた大杉をさらに
麻縄で絞めてとどめをさした。ついで甘粕は別室に
向い、伊藤野枝、宗一も絞め殺し、屍体は憲兵隊本部
の古井戸に投げ込み、古煉瓦や石やごみで埋めた。

甘粕は2年10ヶ月で釈放された。

panse280
posted at 19:57

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字