2013年01月08日

外国の好きな作家

「コレデオシマイ」(11)
山田風太郎 1922-2001
fuutaro yamada

2002.12.20 第一刷発行(講談社+α文庫)

<外国の好きな作家>
「僕が外国人で感心しているのは、モーム。」

注)「人間の絆」「月と六ペンス」など。

「モーパッサンでは「脂肪のかたまり」が好き。」

<ショーペンハウエル>
山田風太郎は学生時代にショーペンハウエルを
読んでいる。
「ショーペンハウエルにはちょっと厭世的なとこ
ろがあるんじゃないかな。そういうところが
合ったといえば、合ったのかもしれん。」

<芥川龍之介>
「僕は志賀直哉の名作にも感心するけど、それより
もむしろ芥川の「奉教人の死」のほうが感心する
んです。」

注)志賀直哉は芥川の「奉教人の死」を読んで、
芥川を叱っている。芥川は「僕には芸術がわかって
いないんです」と言ったという。

「(芥川は前期の作品のほうが好きだね)「地獄変」
とかねえ。」





panse280
posted at 18:44

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字