2012年12月30日

風太郎とパーキンソン病

「コレデオシマイ」(4)
山田風太郎 1922-2001
fuutaro yamada

2002.12.20 第一刷発行(講談社+α文庫)

<風太郎とパーキンソン病>
「考えてみれば、四、五年前から、道を歩いていて、
転ぶ理由がないのに転んだわ。一年に一回くらいだ
けど。別に足がもつれる原因が何もないのに転んだ
ことあるしね。そのころから始まっていたね。
・・・
パーキンソン病にかかったのは、江戸川乱歩に
岡本太郎、それに毛沢東、ドストエフスキー、
みんな大人物ばかりだ(笑)。
意外な病気にはかかったけど、パーキンソンは直接の
死因にはならないらしい。
・・・
ただ、運動神経がおかしくなるから、動けなくなって、
寝たきりになってね。」

panse280
posted at 18:09

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字