2012年12月05日

挫折こそ死の完全型

「半身棺桶」(6)
--1991.10徳間書店--
山田風太郎 1922-2001
fuutaro yamada

1998.02.15 初版発行(徳間文庫)

<挫折こそ死の完全型>
「奇妙なことに、それが挫折であればあるほどその
人生は完全型をなして見える。
・・・
あまりにすべてを達成し、万端遺漏なく大往生した
人の死は、なぜか何か欠けているように見える。
だいいち面白味がない。」

<多くの人の死を見て思うこと>
「人間の死には、早過ぎる死か、遅過ぎる死しかない、
ということである。」

注)山田風太郎は「人間臨終図鑑」で920余人の死を
書いている。

panse280
posted at 21:09

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字