2012年12月04日

武見太郎

「半身棺桶」(5)
--1991.10徳間書店--
山田風太郎 1922-2001
fuutaro yamada

1998.02.15 初版発行(徳間文庫)

<いちばん楽な死に方>
「私は、あるいは死刑がいちばんラクな死に方では
なかろうか、と考えることがある。」

<死に顔をみせるな>
「こういう遺言を残して死んだ人々がときどきある。
・・・
近代でも、福沢諭吉、北一輝、小泉信三、武田泰淳、
市川雷蔵、森雅之、笠置シズ子などがその例だ。」

<安楽死>
「とにもかくにも1秒でも長く生かす、というのは
医者の「狂信」ではあるまいか。
・・・
安楽死を望んでいる他人にも「生きよ、生きよ」と
強制する。世にはこういうおせっかいなヒューマニスト
が、かえって他を苦しめている例が少なくない。」

<武見太郎>
日本医師会会長の武見太郎は、岩波茂雄、中谷宇吉郎、
河野一郎、吉田茂、幸田露伴などの死を看取っている。

panse280
posted at 21:53

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字