2012年11月20日

読書について

「直感力」(6)
羽生善治 1970-
yoshiharu habu

2012.11.01 第1版第1刷発行(PHP新書)

<読書について>
「ひとつお伝えしたいのは、迷ったら本は
買ったほうがいいということだ。基本的に、
日本は本が安い。
・・・
たとえば一冊買って失敗したとしても、それ
で結局のところ大きな失敗をすることはない。
絶対にないといえる。だから、興味をもったら、
とりあえず分からなくても買う。買ったところ
で、結局読まずにそのまま捨てるということが
あってもいいとさえ思う。実際、私自身そういう
こともある。
・・・
本を通じてたとえ他人から見たら意味のなさ
そうなことでも、自分なりに解釈してみること
が、想像力や創造力を生み出す源泉になるので
はないだろうか。」

panse280
posted at 18:13

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字