2012年11月12日

理想的な国家になりうる日本

「第二の敗戦期」(3)
吉本隆明 1924-2012
takaaki yoshimoto
--2008年インタビューより--
2012.10.20 初版第1刷発行(春秋社)

<理想的な国家になりうる日本>
「日本がよいと思う方策というものを考えれば
考えられるし、やればやれるといえます。
・・・
考えてそれをやれば、日本国は現在における
いちばん理想に近い国になりうると思います。
究極の理想的な社会というのは、頭で考えるほど
遠い場所ではないと思います。この10年とか20年
とかの範囲内で、他の国から見て、軍事力みたい
なものを除いて、日本国がどっからどう見たって
いちばんいいよということが、やりようによって
はありうると思います。
・・・
ヨーロッパになるともうどうしようもない気が
します。」

panse280
posted at 19:02

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字