2012年11月11日

中国は分裂しない

「第二の敗戦期」(2)
吉本隆明 1924-2012
takaaki yoshimoto
--2008年インタビューより--
2012.10.20 初版第1刷発行(春秋社)

<中国はなぜチベットを恐れるのか>
「彼らにとって一番引っ掛かっているのは、
少しだけ漢民族とは違う血が入っている
チベットなどの宗教的な強さが怖いのだと
思いますし、漢民族まで、そこに帰依する
ようになってくるとどうなるか、そこが、
精神的にも怖いわけです。べつに武器や
軍事的な力を持っているわけではないですから
それが中国の中での最大の問題なのではない
でしょうか。」

<中国は分裂しない>
「それでは中国もロシアみたいにいくつかの
国に分離してしまうのか、ということについて
いえば、そういうことにはならないと思って
います。中国はあくまでも中国であり続けると
思います。」

「中国がやっていることは、・・・国内のいろいろ
なところに穴を開けておいて、風通しをよくして
おく。そこだけは自由にどこの国であろうとも、
自由に使ってくれと。その代わり上がりのいくらか
はこっちへよこせという、それだけのことでもって
どんどん穴を開けているのです。」

「中国というのは、穴を開けながらでもしっかり
と、中国という国として存立させるというやり方
を取って分裂を防いでいますから、西欧流の分裂
はおこらないと思います。」

panse280
posted at 16:32

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字