2012年10月11日

ティマイオス

「ティマイオス」
--自然について--
プラトン
platon bc427-bc347
泉治典 訳
1974.05.20 初版「プラトン全集6」(角川書店)

<アトランティス大陸伝説>
アトランティス大陸伝説は、プラトンの、「ティマイオス」
と「クリティアス」の二冊が唯一無二のルーツである。

老神官からアトランティスの物語について聞き、約200年
余を経てソクラテスが書き残したもの。現在から見ると
約12000年前のことである。

エドガー・ケーシーによると、アトランティス大陸は、
紀元前5万700年、紀元前2万8000年、紀元前1万600年と3回
の破局を経て、海の底に沈んでしまったという。

崩壊前のアトランティスは、現代よりも科学技術が発達し
ていた。

<アトランティス島>
「アトランティス島には、強大な驚くべき王たち
の権力が支配し、島全部だけでなく、他の多くの
島々や大陸の各地をも支配していた。
・・・
その後、とほうもない大地震と大洪水が起こって、
恐ろしい一昼夜に見舞われ、君たちの軍隊はそっくり
そのまま大地の下に沈み、アトランティス島も同じく
海の中に沈んで見えなくなってしまった。
・・・
ソクラテス、老クリティアスがソロンから聞いて
語ったことは、要約して言えば以上のとおりだ。」

panse280
posted at 20:31

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字