2012年07月18日

芸術の建築術

「三島由紀夫 ロゴスの美神」(8)
三島由紀夫  1925-1970
yukio mishima
山内由起人 編
2003.07.31 発行(岳陽舎)

<芸術の建築術>
「積木が完全なバランスを保つところで積木を
やめるような作者は、私は芸術家じゃないと思わ
れる。世の教訓的な作家とかいわゆる健全な作家
といわれている連中は積木を壊すことがイヤなの
である。最後の一片を加えることによってみすみす
積木が崩れることがわかっていながら、最後の木片
をつけ加える。そして積木はガラガラと崩れてしま
うのであるが、そういうふうな積木細工が芸術の
建築術だと私は思う。」
(「わが魅せられたるもの」)

panse280
posted at 20:59

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字