2012年07月13日

自意識とナルシシズム

「三島由紀夫 ロゴスの美神」(3)
三島由紀夫  1925-1970
yukio mishima
山内由起人 編
2003.07.31 発行(岳陽舎)

<自意識>
「自意識というものは全然男性的なもので、そこ
には精神と肉体の乖離が前提とされ、精神が肉体
を離れてフラフラと浮かれ出し、その浮かれ出した
地点から、自分の肉体を客観的に眺め、又、自分の
精神を以て自分の精神自体をも、客観的に眺めると
いう離れ業を演じるのが、すなわち自意識である。」
(「ナルシシズム論」)

<ナルシシズム>
「自分でないものの姿に見とれることを、ナルシシ
ズムと呼ぶのは、言葉の誤用である。私見によれば、
女にはナルシシズムは存在しえないのである。」

panse280
posted at 21:06

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字