2012年07月10日

吾が輩は猫のようでありたい

「三島由紀夫語録」(5)
三島由紀夫  1925-1970
yukio mishima
秋津建 編
1993.02.10 改訂第1刷発行(鷹書房弓プレス)

<吾が輩は猫のようでありたい>
「私(三島)は書斎の一隅の椅子に眠っている猫を
眺める。私はいつも猫のようでありたい。その運動
の巧緻、機敏、無類の柔軟性、絶対の非妥協性と
絶妙の媚態、絶対の休息と目的にむかって駆け出す
ときのおそるべき精力、卑しさを物ともせぬ優雅と、
優雅を物ともせぬ卑しさ、いつも卑怯であることを
怖れない勇気、高貴であって野蛮、野生に対する
絶対の誠実、完全な無関心、残忍で冷酷。・・・
これらさまざまな猫の特性は、芸術家がそれをその
まま座右銘にして少しもおかしくない。」
(「日記」昭和34年5月22日)

panse280
posted at 21:08

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字