2012年06月17日

女性の教養

「生きる意味を問う」(14)
--私の人生論--
三島由紀夫  1925-1970
yukio mishima
1997.9.18 初版発行(学陽書房・人物文庫)
(1984年単行本として大和出版より刊行されたもの)

<女性の教養>
「教養が、美しく生きてゆくのに役立つと考えている
一群の女性がいます。・・・女性のための教養と呼ばれ
ているものには、みんな偽善の匂いがあり、・・・
彼女たちには、黒い教養というものが存在することが、
永久にわからないのです。
女性たちは、世間の認可ずみの、古くさい、危険のない
教養が大好きだ。古典音楽の知識、十九世紀までの小説
(かっては黒い教養に属していたが・・)、なまぬるい
恋愛映画、・・・こういうのもが、今日、女性の教養と
呼ばれているものの一覧表ですが、これを総動員して、
美しく生きようとしている女性たちの群を見ると、私は
心底からおぞ気を慄(ふる)わずにはいられない。
こういう傾向は、文化をなまぬるく平均化し、言論の
自由を婦人側から抑制し、一国の文化全体を毒にも薬に
もならないものにしてしまう恐るべき原動力であります。
アメリカという国のあの文化全体における婦人の害毒を
つらつら考えると、私は恐ろしくなる。」

「あらゆる女性が美しく生き、あるいは美しく生きよう
としていることは、絶望的なことである。・・・
おそらくそれは、女性が男性よりも確実に存在している
ということの別のあらわれに他ならなおのであろう。
醜さというものは、存在の裂け目だからである。
・・・芸術は・・存在の裂け目からしか生まれて来ない。
女性が芸術家として不適任なのはこの点であります。
・・・自ら美しく生きようと思った芸術家は一人も
いなかったので、美を創ることと、自分が美しく生きる
こととは、まるで反対の事柄である。」

panse280
posted at 18:16

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字