2012年04月12日

闘牛士の服装

「太陽と鉄」(5)

三島由紀夫  1925-1970
yukio mishima
2011.1.30 第7刷発行(中公文庫)

<批判、嘲笑の裏側>
「あらゆる英雄主義を滑稽なものとみなすシニシズム
には、必ず肉体的劣等感の影がある。英雄に対する
嘲笑は、肉体的に自分が英雄たるにふさわしくないと
考える男の口から出るに決まっている。」

<闘牛士の服装>
「闘牛士のあの華美な、優雅が衣装は、もしその職業
が死と一切関わりがないものであったら、どんなに
滑稽に見えることであろう。」

panse280
posted at 19:38

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字