2012年03月16日

私の教育勅語

「不道徳教育講座」(26)

三島由紀夫  1925-1970
yukio mishima
2010.5.15 改版25版発行(角川文庫)

<私の教育勅語>
「大体日本には、西洋でいうようなおそろしい道徳
などという代物はないのです。この本質的に植物的
な人種は、現在、国をあげて動物のマネをしている
けれど、血なまぐさい動物の国の、動物の作った掟
なんかは、あんまり植物にはピッタリ来やしないの
です。
・・・
ところで植物にも殺意がある。私はそれを信じます。
それは動物よりも陰にこもった、より深い、より
大きい、より強い殺意かもしれない。
・・・
頭の貧しいお役人や教師たちが、いろいろと新道徳
を作り出そうとしますが、そこには、全然「殺意」
が、あるいは、「殺意に関する認識」が欠けている
から、まるきり使い物にならないのであります。
そこへ行くと軍人勅諭なんかは、殺意に立脚した
植物道徳の最後の光輝でしたが、もはや、そんな
過去の光輝を、二度と呼びかえすことはできません。
・・・
大切なことは、この殺意をしっかり認識するという
ことです。自殺の究極の形は、この地上に自分以外
の人類が死に絶えてしまい、たった一人で、どうし
ようもなくて、自殺する場合でしょうが、一人でも
他人がいてくれる限り、殺すことも殺されることも
できるので、それがつまりこの世に生きている仕合わ
せというものであり、生き甲斐というものであります。
これが私の教育勅語です。」

panse280
posted at 19:38

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字