2012年01月27日

偽書

「神武天皇実在論」(11)
林房雄  1903-1975
fusao hayashi
本書は、1971年、光文社から刊行された
「神武天皇実在論」に、著者が生前、一部
加筆したものを、文庫化したものです。
2009.7.27 初版発行(学研M文庫)

<偽書>
「「記紀」の研究とともに、「古事記」絶対
の本居宣長と神社神道の神学者たちによって
葬られた「旧事紀」、「古語拾遺」から「富士
古文書」、「上記」にいたる”偽書群”の再研究
が必要なときが来た」とつけ加えたい。
それらの多くは、”偽書”であるかもしれないが、
偽書には偽書の出現理由と存在理由がある。
例えば柳田国男氏が半生の情熱をそそがれた
「民間話」は、いわゆる実証主義的文献批判に
堪えうるものではない。だが、それを理由に
民間説話を「偽話」として葬り去ることは、
古代史の核の宝庫の扉を自らとざしてしまう
愚挙である。」

panse280
posted at 20:41

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字