2012年01月16日

学校教育に「古事記」

「日本人はなぜ日本のことを知らないのか」(11)
武田恒泰  1975-
tsuneyasu takeda
2011.9.29 第1版第1刷(PHP研究所)

<学校教育に「古事記」>
「私(武田)は学校教育に「古事記」を復活させ
なくてはならないと考えている。「古事記」は、
日本人の自然観と死生観と歴史観を養うことが
できる数少ない教養書である。・・・
教科書を切り替えるだけで、三十年後の日本は
国民一人ひとりが輝きを放っているに違いない。
農民や漁民を含め、幕末の日本人が雄々しかった
ように。」

「初代天皇の存在は伏せられ、「古事記」「日本
書紀」は非科学的として封印される。何より、
日本が現存する世界最古の国家である事実を学校
は教えてくれない。まるで誇りを持たせたくない
かのような歪んだ歴史教育。戦争もなく統一を
果たし、中国から独立を守り抜いた奇跡の歩みを
紐解こう。世界でいちばん人気がある日本を、
私たち自身が愛せるように。」

panse280
posted at 18:57

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字