2011年11月15日

カインとアベル

「聖書の謎を解く」(3)
三田誠広 1948-
masahiro mita

2006.7.19 第1刷第1版(PHP研究所)

<カインとアベル>
アダムとエバは子供をつくります。長男は
カインで農耕を、次男はアベルで牧畜を仕事
とします。
エホバの神は砂漠の遊牧民の神ですから、
アベルのほうを可愛がります。怒ったカイン
はアベルを殺してしまいます。

それでカインは追放されます。その子孫は
代々「カインの末裔」といわれ悪の家系と
呼ばれます。

アダムとエバは、また子供をつくります。
その子孫がノアで、ノアの家族以外は神を
信じなくなったので、神は大洪水を起こし、
ノアの方舟に乗せられたもの以外、地上の
生き物をすべて滅ぼします。

だとすれば、カインの末裔はすべて死んで
いるわけです。だから世の中に悪人がいる
とすれば、それはノアの子孫だということ
になります。ちょっとヘンですね・・・

panse280
posted at 18:45

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字