2011年11月10日

高く登ろうと志す者へ

「ツァラトストラかく語りき(下)」(7)
ニーチェ 1844-1900
Friedrich Wilhelm Nietzsche
竹山道雄訳
2010.4.15 第52刷発行(新潮文庫)

<高く登ろうと志す者へ>
「高くに至らんとするならば、おのれの脚を
用いよ!他より運び上げらるることなかれ。
また、他人の背また頭の上に坐することなかれ!」

<創造する者よ>
「なんじら創造する者よ、高人よ!産まねばなら
ぬ者は、病んでいる。産みおえた者は、汚れている。」

<分相応の道徳を>
「なんじらの力を超えて、道徳的であるなかれ!
なんじら自身より、可能性に反して求むること
あるなかれ!」

<笑うを学べ!>
「笑う者のこの冠を、この薔薇の花の冠を、わが
同胞よ、われはなんじらに投げかける!われは
笑いをば神聖と呼んだ。笑うを学べよ、なんじら
高人よ!」

panse280
posted at 18:44

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字