2011年10月31日

女性と小児

「ツァラトストラかく語りき(上)」(5)
ニーチェ 1844-1900
Friedrich Wilhelm Nietzsche
竹山道雄訳
2010.4.15 第64刷発行(新潮文庫)

<女性と小児>
「女性は男性よりもよく小児を理解する。
・・・真の男性にうちには小児が隠れている。」

<女性を恐怖せよ>
「女性が愛するときには、男性は恐怖せよ。
この時には、女性は一切の犠牲を献げる。
しかも、他のすべてにいかなる価値をも見ない
からだ。」

<女性が最も憎悪するもの>
「女性がもっとも憎悪するものは何者であるか?
かって鉄は磁石にかく語った。「われはなんじを
もっとも憎悪する。汝は牽引はする。しかも、われ
をみずからに引き寄せるだけの力はない。」と。」

<男女の幸福>
「男性の幸福は、われ欲す、にある。女性の幸福
は、かれ欲す、にある。」

「女性の心情は表面である。・・・男性の心情は
深い。・・・女性は男性の力を予感はする、しか
し、理解はなしえない。」

<老婆の忠告>
「なんじ女に行くのであるか?さらば、ムチを
忘れるな!」

panse280
posted at 19:10

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字