2011年10月30日

女性と友情

「ツァラトストラかく語りき(上)」(4)
ニーチェ 1844-1900
Friedrich Wilhelm Nietzsche
竹山道雄訳
2010.4.15 第64刷発行(新潮文庫)

<女性と友情>
「なんじは奴隷であるのか?しからば、なんじ
は友たり得ぬ。暴君であるのか?しからば、
なんじは友を持ちえぬ。
女性のうちに奴隷と暴君との潜むこと、あまりに
も久しかった。この故に、女性はいまだ友情を
結ぶ能力がない。」

<評価は創造である>
「評価することは、すなわち創造することである。
・・・評価によってはじめて価値が生ずる。」

<目標>
「もし人類が目標を有していないならば、人類
それ自身もいまだ存在していないのではないか?」

<男が欲する2つのもの>
「真の男性は二つのものを欲望する。すなわち、
危険と遊戯である。この故に、彼はいと危険なる
玩具として女性を欲望する。」

「男は戦闘のために教育せらるべく、女性は戦士
の慰安のために教育せらるべし。」

panse280
posted at 20:59

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字