2011年10月05日

富を恥じる

「人間的、あまりに人間的(供法(22)
--自由精神のための書--
ニーチェ 1844-1900
Friedrich Wilhelm Nietzsche
中島義生訳
「ニーチェ全集6」
2011.8.10 第8刷発行(筑摩書房)

<199-やはりボロくさい>
「きれいに洗濯したボロを着ている者は、
なるほど清潔な身なりをしてはいるが、
しかしやはりボロくさい。」

<209-富を恥じる>
「彼はたいへんな金持ちだ」と言われるの
を聞くとき、われわれは例えば脂肪過多症
を目撃したときと似た感じを味わうもので
ある。

<226-ギリシャ人の巧智>
勝利と卓越への欲求は、根源的なものである。
政治的秩序を危険に陥れることなしに、この
根源的欲求を満たすはけ口として、体育と
芸術の競技を正式に認可した。
そしてこの体育と芸術の競技の衰退とともに、
ギリシャ国家は内部の動揺と解体に陥って
いったのだ。

panse280
posted at 18:45

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字