2011年09月28日

人間の徳の順序

「人間的、あまりに人間的(供法(15)
--自由精神のための書--
ニーチェ 1844-1900
Friedrich Wilhelm Nietzsche
中島義生訳
「ニーチェ全集6」
2011.8.10 第8刷発行(筑摩書房)

<64-人間の徳の順序>
第一期 勇気
第二期 正義
第三期 節制
第四期 知恵
どの時期に君は生きているのか?

<74-祈り>
祈りの条件には二つある。
1 神の気持ちを定めさせたり、変えさせたり
することが可能なこと
2 祈る者は、何が自分に必要であり、何が
自分にとって真に願わしいかを彼自身が知って
いること。

「この二つの条件は、ほかのすべての宗教では
受け入れられ、また伝承されてきたが、しかし
まさにキリスト教によっては否定されてきた。
・・・なのに、・・キリスト教は祈りを手放さ
なかった・・・なぜなら、もしも「汝祈るなかれ」
という明確な戒律が布告されたとしたら、キリスト
教徒たちは退屈のあまり異教に向かってしまった
だろうからである。」

panse280
posted at 18:55

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字