2011年09月13日

その日最初に思うこと

「人間的、あまりに人間的(機法(10)
--自由精神のための書--
ニーチェ 1844-1900
Friedrich Wilhelm Nietzsche
池尾健一訳
「ニーチェ全集5」
2011.7.10 第10刷発行(筑摩書房)

<564-危険なとき>
「轢(ひ)かれる危険がもっとも多いのは、
ちょうど一つの車をよけたときである。」

<589-その日最初に思うこと>
「その日をよく始める最良の手段は、眼がさめる
と、少なくとも一人の人にこの日、一つの喜びを
与えてやれるかどうか、と考えることである。」

<630-信念>
「信念とは、認識のある一点で絶対的真理を所有
しているという信仰である。」

panse280
posted at 19:35

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字