2011年08月28日

集合的無意識の発見

「ユング」(2)
--地下の大王--
コリン・ウィルソン1931-
colin wilson

ユング(Carl Gustav Jung、1875-1961)
1985.4.30 初版発行(河出書房)

<集合的無意識の発見>
ユングは22歳の時、心霊術というものがある
ことを知った。それから、ユングは心霊現象
について手に入るあらゆる本を読んだ。

フロイトとオカルティズムを論じているとき、
ユングはポルターガイスト作用(本棚の中での
大きな爆発音)を引き起こした。

1909年の夢はユングに集合的無意識(すべての
人間の心的経験の共通の土台)があるという
確信を与えた。

ある日彼(ユング)が「私がしているこれは、
実際、科学なのか」と自問したとき、彼自身の
内部から女の声がした。「いいえ。それは芸術
です。」その結果ユングは、下位人格アニマ
(女性ではアニムス)があることを確信する
ようになった。

panse280
posted at 17:34

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字