2011年05月12日

素人をなめるな

「ぼくが真実を口にすると吉本隆明88語」(12)
勢古浩爾 1947-
seko koji

2011.3.10 第1刷発行(筑摩書房)

<素人をなめるな>
「いわゆる頭のいい学生たちがセンスがいいか
といえば、これは概してセンスが悪いですね。」
(吉本)

吉本が「源氏物語論」を書いたとき、「素人が
何をいうか」と国文学者たちから批判を浴びた。
これにたいして吉本は「素人を馬鹿にしてもらって
は困るのだ」と応じた。

「言語にとって美とはなにか」を書いたときは、
言語研究の専門家たちから批判された。

吉本はそれに応じて、
「きみたち自身がそれをなしうるだけの水準と
思想に達しないかぎり、専門外の一文学者が
きみたちの領域に侵入する不快さを耐えるべき
である。ようするにきみたちには私のもっている
なにかが欠けているのだ。」
(「改訂新版 心的現象論序説」)

panse280
posted at 19:27

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字