2011年03月10日

黄金の21世紀

「21世紀への遺言」(1)
糸川英夫 1912-1999
hideo itokawa

1996.2.29 初版(徳間書店)

<黄金の21世紀>
「21世紀は恐らく結論からいいますと、人類が
地球上に現れて初めての輝かしく、非常に幸福
に満ちた黄金の世紀になると思います。とんで
もないと思われる方々が圧倒的に多いと思いま
すが、・・・この本を読んでいただければ解る
と思います。」

この本は前年の1995年に糸川氏が出した
「人類は21世紀に滅亡する!?」の続編です。

<20世紀の原因と結果>
「20世紀は「エレクトロン」を人類がコントロール
することを学んだ時代であり、電子を自由自在に
動かしたり、止めたりすることができるようになり、
それが実に巨大な産業を生んだ、消費革命を生んだ
と極論してもいいわけです。」

panse280
posted at 20:53

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字