2011年02月23日

二つの文化--ナスダと宇宙研--

「はやぶさ」(11)
吉田武 1956-
takeshi yoshida

2010.6.25 第2刷(幻冬舎新書)

<ブラックボックス>
--糸川英夫物語----
カッパロケットの輸出いらい、アメリカは
チャンスをうかがっていた。日本の技術を
つぶすのである。高額で買わされた技術は
「ブラックボックス」で、米国のマニュアル
に従って使うことは出来るが、中身を見る
ことは出来ない。

<二つの文化>
科技庁のロケットは、ナスダ(宇宙開発事業団)
が引き継ぎ、NASAからの技術を活用して成長した。

書類文化(NASA方式)のナスダ。
実用衛星が中心のビジネスをにらんだナスダ。
科学技術庁が所轄するナスダ。

名人・職人気質の宇宙研。
内之浦で固体燃料ロケットを打ち上げている宇宙研。
世界の学問のリーダーとして君臨している宇宙研。
文部省が所轄する宇宙研。

この二つの組織が2003年10月1日に、
「宇宙航空研究開発機構(JAXA)」として統合された。
文部科学省が所轄。

しかし、この二つの組織は水と油だったのである。

panse280
posted at 19:43

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字