2011年02月15日

海外基地局が欲しい

「はやぶさ」(3)
吉田武 1956-
takeshi yoshida

2010.6.25 第2刷(幻冬舎新書)

<深宇宙探査>
宇宙科学の分野では、月より遠方を「深宇宙
(Deep Space)」と呼ぶ。すなわち大きな
タイムラグを克服する技術がなければ、手も足も
でないのである。

「はやぶさ」がイトカワに着陸を開始した時、
その指令を打電して帰ってくるまでのタイムラグ
は約33分。1秒間に1cm動いても、20mも移動して
しまう時間である。
しかも長さ約500mのイトカワは約12時間周期で
自転しているのである。
(ちなみに月へのタイムラグは3秒もない)

<海外基地局が欲しい>
「はやぶさ」からの通信を確保するために、
NASAと交渉を繰り返してやっと借りた海外基地局
だが、タダで貸してくれるほど甘くはない。
それは、共同研究の持ちかけであったり、取得した
データの優先使用権であったりするのである。

panse280
posted at 19:18

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字