2011年01月18日

岩波書店の功罪

「天皇の起源」(7)
林房雄1903-1975
fusao hayashi

1988.12.05 初版発行(株式会社天山出版)

<天皇を考えるヒント>
「天皇は日本の現在と将来にかかわる重要な
存在であり、貴重な価値である・・・この
小論で読者に与えたものは「天皇を考えるヒント」
にすぎなかったかもしれぬが、私(林)はそれで
満足する。」

占領軍の日本弱化方針に同調した左翼歴史家の
歴史書と教科書を読まされ、日教組教育の下で
成長した国民に罪はない。不具なる知識はやがて
淘汰される。学に志すものは真実を求める。

共産党員石母田正教授の「日本歴史」(岩波)
、羽仁五郎「日本人民の歴史」(岩波新書)、
井上清「日本の歴史」(岩波新書)など左翼
歴史家の歴史書の多くは、岩波書店から出版
されている。

余談:インターネットで「岩波書店」を調べてみた。
----------------------------------------------
問い:何故、岩波書店は反日なんですか
答え:同書店は戦前から共産主義者が経営していた
のですよ。若い方は知らなくて当然ですよね。
----------------------------------------------

panse280
posted at 20:24

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字