2010年12月27日

話題の健康法にはつねに正反対の意見がある

「養生の実技」(2)
五木寛之 1932-
hiroyuki itsuki

2004.12.10 初版発行(角川書店)

<話題の健康法にはつねに正反対の意見がある>
水健康法、サプリメント・・・
「我々はどっちが本当なのかわからなくなって
しまうのだ。私はそんなとき、やはり自分の
身体語のささやきに従うようにしている。
・・・いま自分が気になっている症状について
西洋医学から東洋医学、民間療法に至るまで、
勉強してみる。そして、最後は自分の身体語を
聴いて、自分で決めるしかない。・・・
たとえまちがって失敗したら、それはそれで
自己責任である。」

<清潔やまっすぐをもとめるのは異様だ>
「人間ははたしてそんなに清潔であらねば
ならぬ生物なのだろうか。・・・人間は本来、
バイ菌と共生して暮らしているものなのだ。
・・・
人間の根性と同じように、人の体型も周囲との
関係で変化するのだ。歪みには、それなりの
理由というか、個人的事情があるのではある
まいか。」

panse280
posted at 20:07

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字