2010年12月24日

渡部さんのウォーキング

「人間百歳自由自在」(9)
渡部昇一 1930-
shouichi watanabe
塩谷信男 1902-2008
nobuo shioya

2003.3.11 第1刷発行(致知出版社)

<私(渡部)のウォーキング>
「(深夜)一冊の本と若干のお金をもって
家を出ます。そして、まずタクシーを拾い、
メーターが千円ぐらいになるまで走り、
そこで降ります。・・・それから喫茶店に
入り、コーヒーを飲みながら本を何頁か
読みます。・・・そうやって30-40分を過ごす。
・・・そして今度は、家に向かってひたすら
歩く。・・・ひたすら歩くことは禅だな、と
思いますね。・・・家にたどり着いて・・・
シャワーを浴びる。・・・こうしてベッドに
入るわけです。」

<私(渡部)の正心調息法>
「もっとも新しく始めたのが塩谷先生の
正心調息法です。その効果のほどはまだよく
わからないというのが、率直なところです。」

補記:塩谷さんの正心調息法は吸息、充息、
吐息、小息を1セットとし、25セットを繰り返
して、そのあとで静息、つまり普通の呼吸を
ゆっくりと10回やる。やはり「面倒」ではある。

panse280
posted at 20:13

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字