2010年12月23日

三石先生の誤解


「人間百歳自由自在」(8)
渡部昇一 1930-
shouichi watanabe
塩谷信男 1902-2008
nobuo shioya

2003.3.11 第1刷発行(致知出版社)

<三石先生の誤解>
三石さんの基本は、人間の体に近い要素を
摂ることだが、「人間の身体は絶妙にできて
いて、摂り入れたものを身体に合わせて
つくり変えて働かせる。そういうふうに
なっているんだ。だから、その食べ物が
人間の身体に近いかどうかといったことは、
あまり意味がない。それよりも大事なのは、
その食べ物が生命力があるかどうかですよ。
・・・三石先生という人はその点を見落と
していたんだと思う。」(塩谷)

補記:三石さんの分子栄養学はさまざまな
奇跡を生み出した。また、塩谷さんやその
師匠、二木謙三氏の推奨する「玄米」に
ついても、摂りすぎると、必須ミネラルまで
排出するとして、あえて推奨していない。

panse280
posted at 19:07

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字