2010年12月18日

医局を追放された塩谷先生

「人間百歳自由自在」(3)
渡部昇一 1930-
shouichi watanabe
塩谷信男 1902-2008
nobuo shioya

2003.3.11 第1刷発行(致知出版社)

<医局を追放された塩谷先生>
東大を出て、真鍋先生(夏目漱石を看取った
先生)の物療内科に配属された塩谷青年は、
患者の患部に手をあてて想念で患者を治して
いました。それは効果抜群でしたが、それを
真鍋先生に見つかって医局追放になりました。
塩谷青年は、追放されてから、自ら診療所を
立ち上げて、診療をはじめました。
「手あて療法」も健在で、不思議なほど
よく効きました。評判は高まり、その後、真鍋
先生も「自分の弟子の中では臨床医としては
塩谷が一番だ」と認めることになりました。

panse280
posted at 22:00

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字