2010年11月15日

タンパク質不足の食生活のデメリット

「健康自主管理のための栄養学」(3)
--三石理論による自主管理システム(1)--
三石巌 1901-1997
iwao mitsuishi

2009.3.1 第2刷(阿部出版)

<配合タンパクの必要性>
生体の基本は絶対必要量のタンパク質だが、
タンパク食品とよばれるものの多くが脂肪と
だきあわせになっているために、高カロリーに
ならざるをえない。そこで、十分な良質タンパク質
を低カロリーで簡単に摂取するために「配合タン
パク」が必要なのである。

<タンパク質不足の食生活のデメリット>
肥満・貧血・胃下垂・遊走腎・免疫不全・
骨折・肌荒れ・老化促進

<細胞が四六時中要求しているビタミン・ミネラル>
・ビタミン
A.B1.B2.B6.B12.C.E.H.ニコチン酸.パントテン酸.
葉酸.ユビキノン

・ミネラル
鉄.銅.亜鉛.マンガン.マグネシウム.クロム.
モリブデン.ヨード

この中で一つでも不足すれば、全身的な不調が
あらわれる。「この事実を考えないで「栄養に
気をつけています」なんていう人の気がしれない、
と私(三石)はいつも思っています。」

panse280
posted at 19:30

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字