2010年11月11日

カゼをひく人とは

「脳細胞は甦る」(16)
--ボケ、老化を防ぐ「脳の健康法」--
三石巌 1901-1997
iwao mitsuishi

2010.10.20 第1刷(祥伝社)

<鍛錬できるのは、脳と手足と心臓の三つ>
ある報告によれば、情報の蓄積量が最大になる
のは50代、情報処理能力が最大になるのは60代、
だという。
鍛錬について言えば、脳は筋肉よりもずっと
好条件を備えている。
生体は低タンパク状態に出会うと、筋肉のタン
パク質を使おうとする。その結果、筋肉が犠牲に
なるのである。ところが脳はその犠牲にならない。

鍛錬といえば、化学物質の消費を代償として要求
する。つまり、鍛錬の前には栄養をとらなければ
ならない。すなわち、良質タンパク質、ビタミン、
レシチンなどである。
そして多くの活性酸素を発生させる、くだらない
話題(ストレスの軽減)にはつきあわないこと
である。

<カゼをひく人とは>
堅苦しい本はごめんだという人、学術用語を
ふりまわす理屈っぽい話は嫌いだという人は
カゼと縁が切れない。

panse280
posted at 19:27

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字