2010年09月14日

食料自給率とは何か

「日本は世界5位の農業大国」(5)
--大嘘だらけの食料自給率--
浅川芳裕 1974-
yoshihiro asakawa

2010.5.27 第7刷(講談社)

<食料自給率とは何か>
指標は2つ。
「カロリーベース」と「生産額ベース」の自給率である。
2008年では
カロリーベース自給率=1人1日当たり国産供給カロリー
/1人1日当たり供給カロリー=
1012/2473(キロカロリー)=41%
自給率は41%である。

<毎日破棄される食料の多さが問題なのだ>
分母の供給カロリーは、我々が実際に摂取している
カロリーではない、ということが注意すべき点である。

分母の数字には、コンビニやファストフード店から
毎日廃棄処分される弁当や一般家庭での食べ残しなど、
胃袋に入らなかった全ての食料が含まれている。その
量は1900万トン、日本の農産物輸入量5450万トンの
約1/3,世界の食糧援助量約600万トンの3倍以上に及ぶ。

分子の数字には、自給する農家や家庭菜園の農産物は
カウントされていない。


panse280
posted at 19:58

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字