2010年07月30日

神道、儒道、仏道にも違う事あるべし

「二宮尊徳」(10)
武者小路実篤 1885-1976
saneatsu musyakouji

昭和31.7.30.初版(角川書店)

<神道、儒道、仏道にも違う事あるべし>
「仏家にては、この世は仮の宿なり、来世こそ
大切なれと云といへども、現在君親あり、妻子
あるを如何せん、たとい出家遁世して、君親を
捨て、妻子を捨るも、この身体あるを如何せん、
身体あれば食と衣との二つがなければ凌がれず、
船賃がなければ、海も川も渡られぬ世の中なり、
故に西行の歌に、

「捨果てし身は無き物と思へども、雪の降る日
は寒くこそあれ」

と云り、これ実情なり、・・・予が説くところは、
神道にも儒道にも仏道にも、違う事あるべし」
(二宮翁夜話)

panse280
posted at 19:40

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字