2010年07月29日

馬鹿なる事をすれば馬鹿なるべし

「二宮尊徳」(9)
武者小路実篤 1885-1976
saneatsu musyakouji

昭和31.7.30.初版(角川書店)

<馬鹿なる事をすれば馬鹿なるべし>
「仁義礼智を家に譬ふれば、仁は棟(むねぎ)、
義は梁(はり)なり、礼は柱なり、智は土台なり、
・・・家を作るには先ず土台を据え柱を立て、
梁を組んで、棟を上るがごとく、・・・
まず智を磨き、礼を行ひ、義を踏み、仁に進む
べし、故に大学には、智を致すを初歩と為す、
・・・
無智の者はよく心がけて、馬鹿なる事をなさぬ
様にすべし、生れ付き馬鹿なりとも、馬鹿なる
事をさへせざれば、馬鹿にはあらず、智者たり
とも、馬鹿なる事をすれば馬鹿なるべし。」
(二宮翁夜話)

panse280
posted at 21:05

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字