2010年07月13日

無防備な日本は大丈夫か?

「中国人の世界乗っ取り計画」(8)
川添恵子
keiko kawasoe 1963-

2010.5.15.第3刷(産経新聞出版)

<無防備な日本は大丈夫か?>
2009年1月より「改正国籍法」が日本で施行されている。
これによって、「偽装結婚」よりも手軽に、日本国籍を
得られる「偽装認知」という裏ワザを与えてしまった。

ふと気づけば、日本の狭い国土にも中国系ニューカマー
の自治区が点在している。東京都豊島区池袋の北口付近
はその一つで、「ゴミ出しが滅茶苦茶」「商店街の共益費
を支払わない」「電気ケーブルを勝手に引っ張る」
「物件を無許可でリフォームしたり、突如、退室したり
する」「エレベーター内でタバコを吸っている」など
地元民とのトラブルがたえない。

「法治国家」ではなく「人治国家」の中国人のDNAには法
に従うという意識が欠如している。
フランスでは、中国系による、なんちゃって日本料理店が
増えて”日本料理”の評判を落としている。

「非常識と不衛生と厚顔無恥な振る舞いのオンパレード。」
入国を許したらもはや誰にも止められない。それが今、
世界中で問題になっている。

panse280
posted at 20:23

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字