2010年06月15日

ノイマン型コンピュータに意識はもてない

「0と1から意識は生まれるか」(2)
橋元淳一郎
jun-ichiro hashimoto
1947-
2009.10.25.発行(早川書房)

<ペンローズと対立する人々>
現在のノイマン型コンピュータがどんなに進歩して
も、決して意識をもつことはない、と主張する
ジョン・サールやペンローズに真っ向から対立して
いるのは、
マーヴィン・ミンスキー(「心の社会」)
ダグラス・ホフシュタッター(「ゲーデル・
エッシャー・バッハ--あるいは不思議の環」)
ハンス・モラヴェック(「電脳生物たち--超AIによる
文明の乗っ取り」)

モラヴェックはペンローズの「皇帝の新しい心」に
反論する「シェーキーの子どもたち--人間の知性を
超えるロボット誕生はあるのか」を出している。

panse280
posted at 20:41

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字