2010年06月11日

29世紀,宇宙への進出

「人類の長い午後」(15)
--未来史の冒険「西暦3000年の世界」--
橋元淳一郎
jun-ichiro hashimoto
1947-
1999.11.9.第1刷(現代書林)

<29世紀,宇宙への進出>
すでに消滅している概念は、国家、民族、市場経済、
銀行、戦争、犯罪、道路、病院、学校、等々。

いまだにあるものは、恋愛、スポーツ、ゲーム、
芸術、図書館等々。

29世紀には、病気も戦争も犯罪もない。食うために
働く必要もない。老後の心配もない。
だからといって、幸せな生活を送れるとはかぎらない。

一部の人々は個人的な冒険心から宇宙探索の旅にでる。
22世紀に財政難から宇宙進出を中止してから実に800年
ぶりのことである。以前は国家プロジェクトだった
が今では、個人的趣味としておこなわれている。

panse280
posted at 20:35

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字